■背中にきび治療の有効成分


背中ニキビの治療に良いとされる有効成分が幾つかあります。お勧めの化粧品オルビスのクリアボディーローションに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビや肌荒れを防いでくれる薬用成分です。

天然物から抽出される有機物質のグリコール酸はフルーツに豊富に含まれているため、フルーツ酸とも呼ばれています。フルーツ酸の方が良く聞く呼び名でしょうか?このグリコール酸は皮膚への透過性がすぐれていて、皺やニキビ色素過剰などを改善してくれる効果があるとされています。

表皮の上層と反応して死んでしまった皮膚細胞の脂質の結合を弱め、新しい皮膚細胞が出てくると言うピーリング的な効果も期待できます。そのため、低濃度のグリコール酸の入った化粧水などで拭き取りすることによって、毛穴の角栓や余分な角質を取り除いてくれたり、グリコール酸成分が配合された石鹸では角質の細胞同士の接着を防ぎ常にきれいな肌を保つ事ができると言われています。

そして、80年代のアメリカでニキビの特効薬として使われていたレチノイン酸は皮膚がむけてしまうなどの副作用も心配されるようですが、皮脂の分泌量を抑え、肌の角質や角栓を剥がす効果があるといわれています。

また、ビタミンBの仲間の成分ナイアシンアミドは、肌の角質のバリア機能を担う、セラミドや脂肪酸、コレステロールを増やしてくれる効果があり、角質機能を正常に保つ事によって、背中ニキビを防ぐ事ができます。合わせて肌の水分を保ってくれる効果もあるため、さらに背中ニキビ予防に効果的です。

アメリカではニキビ治療のスキンケア製品として使われているサリチル酸は背中ニキビに効果的な医薬部外品として利用されています。低濃度に配合したサリチル酸成分を塗布する事で毛穴の入口の角栓を溶かし、ニキビをできにくくすると言われています。背中のニキビの治療方法とし、高濃度のサリチル酸をピーリングの治療に用いる病院等もあるようです。サリチル酸を使用したピーリングの場合は1ヶ月ほど期間をあけて継続する事をお勧めします。短期間での使用は避けましょう。

背中ニキビの治療に効果的とされる有効成分はたくさんあります。それぞれの有効成分の特性を生かして利用されている化粧品などもたくさんの種類が出ています。自分の肌質やニキビのタイプなどに合わせて上手に取り入れましょう。

>>どんな深刻な背中にきびの悩みもこれで解決☆<<

■本サイト人気コンテンツ


★ 背中にきびの原因について
ニキビの原因と言えば良く耳にするのが「アクネ菌」顔以外にも背中の毛穴にもアクネ菌は生息していると言われています。他にも背中にかく汗や、シャンプーなどの流し残し・・・ 続きを読む

★ 背中にきび治療に有効な石鹸
口コミで拡がっている背中ニキビのボディーソープ「美杏香(ひみか)」は、石油系合成界面活性剤を使用していないのに加え、肌を過剰にコーティングする為の余分な物質・・・ 続きを読む

★ ケミカルピーリング・レーザー治療
ケミカルピーリングとは肌の状態に合わせたピーリング剤を利用し、古い角質の除去・毛穴の中に溜まった汚れを溶かしだし、ニキビの原因となった皮脂や角質を外に出して・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 遺伝が関係する!?
★ ホルモンとの関係
★ 背中にきびとストレス
★ 冷え性が原因になる?
★ 跡を残さないためには
★ 睡眠が与える影響