■背中にきびの跡を残さないためには


背中にきびは、顔のにきびより、シミになリやすいと言われています。凸凹状のひどいにきび跡は残らないようにできますが、炎症が原因で、メラニンが生成され、そのメラニンが皮膚のターンオーバーをスムーズに行えなくして、メラニンが残ってしまうからと言われています。ですから、ひどい炎症がある場合ほど、そこにシミが残るのですね。

背中にきびの跡(しみ)を残さないためにはそれに気がついたら、すぐケアをすることです。病院へ行くのも大事ですが、そのにきびをできるだけ刺激しない工夫を。汗をかいた場合はできるだけ早くシャワーを浴びるなど、清潔にすることも大事ですね。自分でつぶそうなんて人はいないと思いますが絶対に自分のg手で触るのはやめましょう。

なお、シャワーの時の石鹸はボディシャンプーも、刺激の少ないものを選ぶことが大事です。最近のドラッグストアにもさまざまなものが販売されていますが、わからないときには、必ず、お店に人に聞いてください。必ず薬剤師がいるはずですよね。背中にきびへの刺激を減らすためには、これは大事な注意点だと思います。

ところで、一番抜けやすいのは、意外なことにシャンプーですよね。シャンプーは髪の毛を洗うものですから、背中には関係がないと思われがちですが、意外とその泡が、背中に流れているのです。これは、リンスでも同じですが、必ず、背中の方を良く洗い流すことを忘れないでおきましょう。背中にきびがケアしているにも関わらず、悪化するのは、これが原因という場合の少なくはありません。前述しましたが、できれば、シャワーは体を洗う前にする方が安全と言えますね。

>>どんな深刻な背中にきびの悩みもこれで解決☆<<

■本サイト人気コンテンツ


★ 背中にきびの原因について
ニキビの原因と言えば良く耳にするのが「アクネ菌」顔以外にも背中の毛穴にもアクネ菌は生息していると言われています。他にも背中にかく汗や、シャンプーなどの流し残し・・・ 続きを読む

★ 背中にきび治療に有効な石鹸
口コミで拡がっている背中ニキビのボディーソープ「美杏香(ひみか)」は、石油系合成界面活性剤を使用していないのに加え、肌を過剰にコーティングする為の余分な物質・・・ 続きを読む

★ ケミカルピーリング・レーザー治療
ケミカルピーリングとは肌の状態に合わせたピーリング剤を利用し、古い角質の除去・毛穴の中に溜まった汚れを溶かしだし、ニキビの原因となった皮脂や角質を外に出して・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 遺伝が関係する!?
★ ホルモンとの関係
★ 背中にきびとストレス
★ 冷え性が原因になる?
★ 跡を残さないためには
★ 睡眠が与える影響